リウマチの原因を知りましょう
2017.10.30 この記事は約4秒で読めます。

リウマチの痛み止めにセレコックスが使われることも

リウマチは主に関節や関節周辺の骨や腱、筋肉などに痛みが起きる病気のことです。
リウマチの原因としては免疫異常があり、主に手足の関節が腫れたり、痛みが発生します。
リウマチは進行すると骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなり日常生活に支障を来たしますし、また炎症の作用は関節だけでなく目や肺など全身に広がることもあります。

リウマチの初期症状として挙げられるのは、熱っぽいさやだるさ、食欲不振などで朝方に関節の周囲がこわばるといった症状です。
この段階では日頃の疲れなどと思って見過ごすことも多いですが、進行すると小さな関節が腫れ、それが手首やひじ、肩、足首、ひざ、股関節などの全身の関節に広がっていく病気です。
リウマチの原因は免疫の異常です。
人間の身体には細菌やウイルスから身体を守る仕組みとして免疫がありますが、免疫が誤って身体を攻撃することがあります。
身近なものとしてはアレルギーや花粉症なども免疫の誤作動によるものですが、リウマチの場合には関節を守る組織や骨、軟骨を敵とみなして攻撃し破壊してしまいます。
この免疫異常によって関節や骨が攻撃されることで炎症を起こし腫れ、さらに骨や軟骨が攻撃されることで変形をもたらします。
リウマチの原因は明確にはわかっていませんが細菌やウイルスの感染、過労やストレスなどがきっかけで発症することがあります。
遺伝性に関してはそれほど強くないといわれます。

リウマチの治療としては対処療法がほとんどで薬で炎症や痛みを抑え、また悪くなった関節部位を取り除くといったものが中心です。
近年は進行を止める薬も登場して一定の効果を発揮していますが、完全に治すということは困難で痛みに対しては痛み止めが使われます。この痛み止めのひとつがセレコックスです。

セレコックスは非ステロイド性消炎鎮痛剤に分類されるもので、痛み、炎症、発熱などを抑えることで効果的に炎症に伴う腫れや痛みをやわらげて熱を下げることができます。

セレコックスとロキソニンの特徴の違い

痛み止めとして使われるセレコックスのメリットは、長く効きまた胃にやさしいことです。
セレコックスの長い効き目のメリットは服用回数を減らすことができ成分が長時間にわたって体内に留まるので、痛み止めでありがちな就寝中に成分が抜けてしまい朝方に痛みが起きるのを軽減することができます。
特にリウマチのように慢性的な痛みに悩まされている場合には効果的な薬といえます。また常用量であればアスピリン喘息の心配もないため安全性が高いものです。
ただしセレコックスは優れた痛み止め薬ですが、関節リウマチに関してはよい効果が出るまで数週間程度かかる場合があります。

一方でセレコックスにもいくつかのデメリットがあります。
デメリットとしては価格が非ステロイド性消炎鎮痛剤としては高めであることで、新しい薬であるためジェネリック医薬品も存在しません。
また即効性はないので痛みが出て服用すればすぐに効果が現れるというものではありません。
また新しい薬ですので副作用のリスクも未知なところがあります。現在知られている副作用は軽度なもので不快症状が現れるものが一般的です。

特に胃への負担が少ないといってもまったくないわけではないので、消化器系へのリスクは存在します。
また心血管系へのリスクもあり使用期間が長いほど心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高まると考えられています。
また痛み止め薬に共通していますが飲み合わせにも注意が必要で、抗凝血薬、気分安定薬、抗真菌薬、コレステロール低下薬、咳止め薬、利尿薬、降圧薬、抗うつ薬、胃薬など多くの薬と飲み合わせると相互作用を起こす可能性があります。
このためセレコックスを処方されるような場合には服用中の薬の報告は忘れずに行うことが大きな副作用を起こさせないためにも大切です。

セレコックスの処方を受け、副作用などの問題が無ければ通販でセレコックスを購入して使用するのも良いでしょう。病院へ行く手間も省けますし、処方価格も安価に入手することが可能なので非常に便利なものになっています。
こちらのリンクからセレコックスが買えますので、興味のある方はぜひ確認してみてください。